2013年07月05日

「大人しい」は、過保護と過干渉の結果かもしれない。

過保護と過干渉ー甘やかしと勇気くじきといってもいいかもしれません。

弊害については、皆さんも思い当たることはたくさんあることでしょう。

でもなかなか思いつかない弊害の一つに「大人しい」が挙げられます。

この場合の「大人しい」は、「静かな環境が好き」といった嗜好の問題ではなく「自分の気持ちや意見を言わない」ということです。

「言えない」と言い換えてもいいかもしれません。

人は一人で生きていくことはできないわけですので、家族、学校、職場などなんらかの集団に属しています。自分の居場所を見つけて周囲の人とコミュニケーションをとりながら安定して暮らしていきます。

他者とのトラブルを最も嫌う日本人の傾向として「言わない」ことがことをうまく収める方法であるという意識が働いている大人が多いこともあるかもしれません。

「自分の意見を言う」−「他者ともめる」−「嫌な思いをする」−「言わなくなる」

ひどくなると実際の生活で他者との関わりそのものさえ避けるようになっていく。
結果として「大人しい人」になっていく。

そういう大人の持っている暗黙の社会価値が子供のコミュニケーショントレーニングの機会を失わせていることもあると思っています。

本来は、家庭や学校などの社会に出る前の共同体でこのトレーニングを積むはずなのですが、おとなが見本を示せないと子供もどうコミュニケーションをとっていいものやらわからない。

愛と勇気づけの親子関係セミナーSMILEでは、「相手を傷つけずに自分の意見を言う方法」「相手を傷つけずに断る方法」なども取り上げる理由がここにあるのです。

自分はあのいじめられた時期になぜはっきりと嫌だと言えなかったのか?
自分の気持ちをはっきり言えないことで相手がエスカレートしていったのではないか?

今はっきりわかることは
「自分の気持ちを表現すること」=「自分を大事にすること」に他ならないということです。

過保護と過干渉がなぜ「自分の意見を言わない」になるのかについては次回のブログで取り上げますね。
posted by 高橋直子 at 07:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

ガチンコ対決しないため・神の摂理か?細胞のなせる技か?

今日は全くの主観的なことを書いてみようと思います。(あくまで自分がそう思うということですので、そのつもりで読んでくださるとうれしいです。)

昨日第一子のことについて書きました。

書きながら2人兄弟の場合には全く性格が違うことが多く、その点について悩んでおられる親御さんもおられるようです。全然別の対応を迫られるからというのが理由かと思われます。

もちろん同じフィールドで行動する兄弟もおられますが、そういう場合には社会的な優越の評価が付きまといます。

ベーシックでおおよその出生順位による性格の違いについて学習した時には、なるほどと思っていたにとどまっていましたが、さてそれではなぜ?というところまでには至りませんでした。

昨日ブログを書いていて、これは兄弟同士がガチンコで競合せずに共存していくための「天の知恵」かもしれない、とふと思いました。

それぞれが別の個性を持ち、別のフィールドで行動することは真正面からの対決を避ける「個の保存」「個の生き残り」の意味があるのではないかしら?とそんな風に考えたのです。

親のほうが、比較することなくそれぞれの個性を認めて伸ばしていけば、どちらか片方が「勇気をくじかれた」と感じることなく自分のフィールドでのびのびと育っていけるのではないか。。

もし同じフィールドにいたとしても、「優越を争う」という家族の雰囲気がなければ、どちらかが「譲る」「一歩引く」「サポートに回る」などの選択肢も得られるわけですから、やはり家族という共同体の雰囲気・価値が物を言うわけでしょう。

子供のころ嫌だったなと今振り返っても思うのは、「比較」されること。

今でも親には比較されることが多いですし、学生時代は学校の先生にも散々比較されて、しまいには「好きだ」とか「嫌いだ」とか、まで言われたことがあります。

私の主観的意見を基にして考えると
「個性、性格、行動フィールドの違いは、自分が周りと共存しながら生き残るための神から授かった子供の知恵」
と思われて、なんだか存在そのものがとても愛おしいと思えてきます。
posted by 高橋直子 at 05:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

王座から落ちた子供の赤ちゃん返り

アドラー心理学を学び始めたころ、面白く感じたのは、目的論と出生順位でした。(いずれもベーシックやSMILEで学びます。ELMでも補足説明をすることがあります。)

目的論についてはおいおい書くこともあるかと思いますが、今日は出生順位について書いてみようと思います。

生まれた順番で、それなりの特徴があるということなのですが、私は第一子です。

第一子は、生まれた時に親や周りの期待を一身に集めて生まれてきます。
まさに王様&王女様なのですね。一人っ子としてあふれんばかりの愛情を注がれて居心地の良さや安心を得ています。

ところが第二子の誕生でそのポジションを失うのです。
「王座を失う」状態になります。

王座を奪われたと感じるその子は、居心地の悪さや不安を拭うためになんとかその王座を取り戻そうとします。

「赤ちゃん返り」はその一つの方法です。
また自分が赤ちゃんに返ったら以前のように親の注目や関心を一身に受けることができるかもしれないと思うのです。

おおむねそれがかなわないと知ると、兄弟の間で自分の居場所を見つける、たとえば上に立つことでその満たされない思いを埋めようとします。

それは幼い兄弟を保護するという形になるかもしれないし、嫉妬でもって相手を競争相手とみなして攻撃するという形を取るかもしれません。

いずれにしても下の子が生まれた時に、上の子がそのことで寂しかったり不安だったりを抱えていることを親が理解して対応すればいいのです。

下の子が寝ているときに、抱っこしてあげる。
下の子の簡単なお世話をしてもらって「勇気づける」。

家族はみんな一緒・協力していきましょうね、の気持ちを伝えて上の子にきちんと家族の中の居場所を持たせて自信をつけさせてあげることです。

第一子がそのまま一人っ子になった場合には永遠の王様&王女様である可能性があります。

自分や自分の周りの人を見まわしてみると「なるほど。」と思うことがあるかもしれませんね。
posted by 高橋直子 at 07:09| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。