2013年07月01日

自立って何だろう?

SMILEを開催すると最初にしていただくのは「どういうお子さんに育ってもらいたいですか?」を明確にしていただくことです。

言葉というのは自分が思っている以上に曖昧なもので、曖昧だけれどもなんとなくわかった気になっていたり、相手とのコミュニケーションにおいても、曖昧なままなんとなく意思が疎通出来たり、出来た気になったりということがあるように感じています。

ほとんどの方から「自立した子供になってもらいたい」という言葉が出てきます。

今まで「自立」という言葉を「それは具体的にどういうことなんでしょうね。」と掘り下げたことがなかったのですが、今日はその中の「生活力」という部分について書いてみようと思います。

自立には、「生活力」「経済力」「精神的」「性」の側面がありますが、近年子供により求められているのが「生活」に関わる自立のように感じています。

生活力というのは、衣食住に関わる部分、食事の支度や掃除、洗濯など身の回りのことが自分でできることを言うかと思います。

女性が仕事をしていることが普通であり、結婚という選択肢を持たない方もおられますし、もちろんお子さんを持たないという選択をされている方もめずらしくありません。

そういう時代ですが、いまだにお子さんに対してこんな言葉を投げかけていることがあるようです。

「女の子なんだからお手伝いしなさい。」
「女の子なんだからお行儀よくしなさい。」

使っているほうの感覚としては、あまり大きな意味を持たずに使っていることが多いかもしれませんが、言われたほうはどう感じるのでしょうか。

男の子と女の子を家族の中でこういう言葉で区別することは、男の子は生活力や生活する技術が育ちにくい、また女の子を一段下に見ることもあるかもしれません。
もちろん一段下に見られた女の子は不満を持つことになるでしょう。

男性も女性も外で働く時代ですので、自分のことは自分でできる生活能力の高さは職業生活にも影響を与えそうです。

そして男性も女性も同等の人間として対応できる人権意識の高さが社会人としての能力の一つとして大事になってくると思います。

親だからと言ってなんでも必要以上に子供に尽くしたり、女性だからとやりたいことをあきらめたり、心身に障害のある人を低く見たり、自分の考えが絶対正しいと他者に強要したりをやめていく。

親自身が自分の権利を大切にし、相手の権利を大事にして行動することで、お子さんは自分の権利を主張するばかりでなく他人の権利も認める「さわやかさん」に育っていくのではないでしょうか?
posted by 高橋直子 at 05:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする