2013年07月02日

困ったときに相談できる、手を差し伸べられる関係

課題の分離やら自立について書いてきましたが、「それじゃ、自立させるため&それは子供の課題だからと手を差し伸べることがいけないのか?親にできることがないのか?してはいけないのか?」という考えになられた方もおられるかと思います。

自分のことを例にとって書いてみますね。
SMILEの考え方をベースに対応するとどうなるか、です。

学校でいじめにあい、成績ががたっと落ちた時私の両親は通信簿に「何か精神的な理由があるかもしれませんね。」という担任の書き込みには一切注目しませんでした。

SMILEを学ばれている方なら、これはないと思います。
子供のことを手や口は出さないまでも温かく見守っているので「変だ、、。」ということに気が付くでしょう。

私は聞かれてもうまく話せなかったかもしれないけれども、優しく「何かあったのかな?」と聞いてもらっていたら、、と今は思っています。

そして「算数が特にわからなくなっているようだけど助けが欲しいかな?」と。

何かあったときに、いつでも親が子供に手を差し伸べられる環境作り、雰囲気づくりが毎日の中で大切なのですね。

勉強するのは私の課題ですが、よく理解できていないのを心配する、何かあったのかもしれないということを察する、声をかけるのは親としてある意味当然のことと言えます。

親が勝手に子供の問題に口を出す、手を出すと子供は自分の力で問題を解決する能力を伸ばせなくなります。そして依存的になり自信を失ったり、責任を親に押し付けたりするようになります。

ですので、子供がそれを望んでいるかどうか、察して声をかけ、望んでいる場合には介入する、援助するというステップが必要なのです。

そのためには、協力的であり、困ったらすぐに話し合いをできる雰囲気づくり、環境づくりが大事だと思います。

私の家の場合には、以前のブログに書いたようにそういう暖かな家族の雰囲気や交流がありませんでした。

家族で出かけることがあっても、父親がすべてを仕切っており、出先でついうれしくなって私たちが予想外の行動をすると叱られましたので、あくまで黙ってついていくだけの楽しいという感情とは無縁のイベントでした。

自分が自分のことを話したり、自ら親に相談できる雰囲気も環境もなかったのです。
これは子供が孤立感を深めていくことに他ならない悲しいことだったなと当時を振り返り思うことでもあります。
posted by 高橋直子 at 05:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする