2013年07月31日

教育に生かすアドラー心理学・仙台にて

昨日7月30日・仙台にて、昨年に引き続き、ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生のご尽力によりペルグリーノ博士をお迎えして「教育に生かすアドラー心理学ワークショップ」を開催させていただくことができ、私も受講者として学ぶことの多い一日を過ごさせていただきました。

二日分を一日でこなすというコンテンツ量の多さでしたので、いまだ振り返りはできていないほどの濃さだったのですが、わかったことは、アドラー心理学は進化しているということでした。

自分が今まで得た知識にプラスアルファがあり、また組み換えもあり、新たな視点もあり、と得るところが満載のセミナーでした。
これからテキストを読み返しながら自分なりに得たものを整理していきたいと思っております。

今年で博士のセミナーを受講して三年目になります。
「歩くアドラー心理学」とは、こういう方のこというのかもしれないといつも感じます。
博士はいつも自然体であり、穏やかであり、優雅な方です。

勇気づけを学び広めるのであれば、自分がそこにいるだけで周りを「勇気づける人」でありたい。

それはまさに自分の目指すところであります。
今後も機会があれば博士から知識以外のことも学ぶべきこと、人としての在り方も含めてですが、学ばせていただけることを願っております。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました

DSC_0398.jpg

posted by 高橋直子 at 04:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする