2014年02月24日

「嫌われる勇気」を読む・自分と向き合う時

昨日2月のアドラー心理学勉強会とELMを開催させていただきました。

51yZHxDwl5L__SL500_AA300_.jpg

宮城県内はもとより、遠くは山形、福島、青森からのご参加をいただき、穏やかでありながら勇気づけあう時間を共有でき大変うれしく思いました。

勉強会、ELMともにご参加の皆様と自由にフランクに発言しあい、意見をシェアしあい、楽しく勇気づけあう2時間だったと感じています。

人は、多忙な日々を送りながら仕事のことや家族のことに気を配っていられるうちはいいのです。

でも、そんな日々の中で自分が生き難さや息苦しさを感じ、課題を見つけ、自分と向き合わざるを得なくなる時が誰にも必ず訪れます。

東北の人たちは心優しく、忍耐強く、他者を傷つけることを好まず自分の意見を飲み込んでしまうことが多いです。したがって自分のことはどうにもならなくなるまで後回しにしがちだと感じています。

そういう方たちが、まさにアドラー心理学に希望を見出し、勇気をもって足を運んでくださったなと感じています。

私は、どんな状況であろうとも「幸せになってもらいたい」「幸せを感じてもらいたい」と思っておりますし、そういう思いを込めて皆様が集える場をこれからもご提供してまいりたいと存じます。

以下勉強会にご参加くださった皆様のご感想です。

ハート年齢も職業も居住地も違う人と交流しながらの勉強会でした。気負わず自分の意見を話すことができ、またほかの方のお話もたくさん聞けてとても勉強になりました。和気あいあいとして楽しかったです。

ハート「嫌われる勇気」を読んで、「そうそうそうだよね。」と納得することばかりでした。勉強会で皆さんとお話し、共有できてよかったです。

ハート「嫌われる勇気」は面白い!!読書会ではあるが、グループセラピーのような感じで自分が思ったことを言えて、また自由にみんなと意見が言い合える学び合いの会だと思いました。勇気づけを体験を通して身につけていきたいです。

ハート高橋さんが、私の体験を取り上げて意味づけしてくださり涙が出そうでした。参加して勇気づけしてもらいに来たようなものです。アドラーの教えは今までの自分の考えを捨て去らないといけないので、すんなりと自分の中に入ってくるまでは大変ですが、この本は頭を整理するのによかったです。またいろいろな方の見方、考え方に触れられてよかったです。多様な見方、考え方に折り合いをつけながら生きていけるように授業中も他者と関わる場面をたくさん設定しなくちゃと改めて思いました。

ハートアットホームでアドラーの考え方に触れることができました。本を読むだけでなく話し合うことでさらに理解を深めることができました。

ハート「嫌われる勇気」を書店で偶然見つけ、読んでいるうちにどんどん惹かれていきました。もっと深く実践的なことも学びたいと思い勉強会に参加しました。勉強会はとても穏やかな雰囲気でとても優しい時間を過ごせました。勇気づけとは何かについてよく知る良い機会になりました。

IMG_20140223_120359.jpg

3月のアドラー心理学勉強会 3月23日(日)午前10時より12時まで
すでに定員をオーバーしましたので、会場を変更します。(調整中)あと3〜4名さまご参加可能です。どなたでもご参加できます。無料です。

3月のELM3月23日(日)午後1時より3時まで
残席1名さまになりました。ご自分のライフスタイルを知ることができる絶好の機会です。勉強会とのパックでの受講をお勧めします。どなたでも参加できます。受講料は8000円(当日徴収させていただきます。)
posted by 高橋直子 at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする