2014年05月06日

「嫌われる勇気」を読む(3)

子供のころからほとんど「認めてもらってこなかった私」にとって「承認欲求の否定」は、とても楽な気持ちになったことの一つでした。

直に親に「頑張ったね」とか「よくやったね。」とか言われたことがないのです。

小学校から中学までは本当に努力していました。いっぱいいっぱいなのに、それでもなおさらにいろいろなものを引き受けて、それさえもきちんと結果を出していたように記憶しています。

親がどう思っていたのかは、わかりませんが、適切な行動をしていても省みられないと、どんどんやる気が失せていきます。

こんなに頑張っているのに何の反応もない。

それどころか、できない部分ばかり責められた記憶
しかないほど不適切な行動にばかり注目され続けたので、高校に入って私は努力をやめ、その日を楽しく安楽に生きるという選択をしていきました。

学齢の幼い時期には、褒めること等で外的動機づけが必要です。

その後自分で内的動機づけをすることができるようになったときに、「勇気づけ」て行くようにしていくのが理想のパターンかもしれません。

不適切な行動をしている子供はまさに、適切な行動に注目してもらえないので、別な方法で注目を得ようとしているだけに過ぎないのです。

仕事を見ても評価が付くことは当たり前ですし、学校でも通信簿がありますので、現実の世界で「承認欲求が全くなく生きられるか?」というと、それはあり得ないことは事実です。

しかしながらその評価はその人個人に対してではなく、行った行動のみに対してなされるべきであり、少なくても「わたしという自分個人」について評価を求めることがなくなっていくこと。

それこそが私たちが自由になれる最初の一歩なのかもしれません
posted by 高橋直子 at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

「嫌われる勇気」を読む(2)

勉強会にご参加の皆様、いつもありがとうございます。

今回「嫌われる勇気」を取り上げるに際して、参加動機をお聞きしたところ、
「気持ちがとても軽くなった。」
「自分が悩んでいることは自分の問題ではないんだと理解した。」
「自分を責めていたけれどそれは自分の問題ではなく自分は悪くないとわかってとても肩の荷がおりた。」
という方が多かったように思います。

私も一番この本の中で心に残ったのが「承認欲求の否定」と「課題の分離」についてでした。

この二つの事柄が、読んだ方たちの気持ちを楽にしていったことは間違いのないことのように思います。

「われわれは他者の期待を満たすために生きているのではない。」

他者の承認を求めること、他者の評価を求めることが当たり前と思って育ってきたことが、この部分で翻って、そうだ、そうではないのだと腑に落ちた時、どれだけ心が軽くなったことでしょう。

「他者の課題を切り捨てよ。」

子供の問題で胸を痛め、自分を責めておられて「その課題はあなたの課題ではなく子供の課題である。」と気が付いた時、自分が悪くないことでどれだけご本人が救われることでしょうか。

今まで何の疑問ももたなかったことが実はとても不合理であったことに気が付いただけでも、この本を手にした価値は十分にあると私は思っています。

まだ読んでおられない方はぜひお手にとって読まれて見ることをお勧めします。

5月からの勉強会の課題図書は「人生に革命が起きる100の言葉」小倉広著 ダイヤモンド社を取り上げます。1723477_600511603357728_1410554658_n.jpg

5月25日(日)
アドラー心理学勉強会午前10時より12時まで 無料(まだお席に余裕があります。)
「感情コントロールセミナー」午後1時より3時まで 受講料5000円(残席1名さま)

お申し込みはHPのお問合せフォームよりご連絡をお願いいたします。
http://adora-tohoku.sakura.ne.jp




posted by 高橋直子 at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

「嫌われる勇気」を読む(1)

2月から4月まで3回にわたって仙台でのアドラー心理学勉強会で「嫌われる勇気」について皆さんと話し合い意見をシェアしあいました。

わたしからの解説はほとんどしませんでした。語句の意味ぐらいだったでしょうか。

それぞれが感じたことをお話していただき、他者の話の中から気づきがあったり、また疑問が浮かんだりということが多かったようです。

勉強会のページにご参加の皆様の声をアップしました。お読みいただければ幸いです。
http://adora-tohoku.sakura.ne.jp/index.php?%E5%8B%89%E5%BC%B7%E4%BC%9A

また「嫌われる勇気」につきましては、7月からの盛岡でのアドラー心理学勉強会の課題図書となります。
盛岡ではどんな展開になるのか、私自身も楽しみにしております。
ご参加は無料でどなたでもどの回からでも可能ですので、お近くの方はどうぞHPからお気軽にお問合せください。

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp/51yZHxDwl5L__SL500_AA300_.jpg



posted by 高橋直子 at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする