2015年03月18日

「イライライラ・どっか〜〜ん子」さん

イライラ家では、今日もイライラの喧騒が続いています。

父ーイライラ・ギャー男さん
母ーイライラ・愚痴子さん
長男ーイライラ・ズバッ人さん
長女のイライラ・どっか〜ん子さん

最近どっか〜ん子さんは、とても疲労感を感じています。
職場でも家でも気持ちが常にイライラしていることが疲労感を増幅させていると感じています。

「イライラしないで済む方法はないかしら?」

そんなとき書店でアドラー心理学の本に出会いました。

「(@@)私が感情を使っている?自分で?そんなあ〜〜(T△T)」

どっか~ん子さんの日常はどう変化していくのでしょうか?

**********************

私の身近にも、家族がいつもいがみ合っているご家庭があります。
日常が「主導権争い」の場なのです。

家族のみならずもちろん他者に対してその対応が向けられることがあるのですが、「勇気づけ」の対応をしていくと相手役にならないで済むということが良くわかるようになりました。

いずれにしても、イライラが続くということはあまり精神衛生上よくないことはお分かりと思います。
アドラー心理学の良さは実際にこういう自分の持て余し気味の傾向を知り、どう減らしていくか、、ができるようになっていくところだと思います。

もちろんそのためには自分で「やめる!」という自己決定が欠かせないことは言うまでもありませんが。。
続きは書くかもしれないし、書かないかもしれない。(笑)

posted by 高橋直子 at 06:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする