2015年06月12日

会社に行きたくない・学校に行きたくない(3)

すっかり会社や学校へ行かなくなってしまって、家族とも接触を断ってしまっている場合には、まわりが焦らないことがまず大事です。

なぜなら、すでに勇気をくじかれたと感じる最高の段階に達しているからです。

アドラー心理学では、その目標がどのくらい勇気をくじかれているのかによって段階わけをしています。カウンセリンなどの指針になるからです。

「注目を集める」⇒「主導権争いをする」⇒「復讐的行動に出る」⇒「人との関わりを断つ」の順になります。

もしも最終段階まで来てしまっていたら、専門家の助けや周りの理解、そして何よりも身近な人間の勇気づけが必要です。

家族との接触があるうちに、気が付いて対処できることが望ましく、適切な方向へと目標を変えることも可能ですし、身近な人の勇気づけにより自分の問題を自分で解決する方向へと本人が向いていけると思います。
211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s.jpg
posted by 高橋直子 at 15:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。