2015年06月21日

SMILEを受けると何が起こる?

東京の大学に進学なさった娘さんが引きこもりやパニック発作に見舞われるようになり、アドラー東北のSMILEや基礎講座に足を運ばれるようになった方のご感想です。

**************************************

先生に初めてお会いした頃の私は、頭の中はいつも不安でいっぱいで、それが苦しくて、
アドラーの本を毎晩読み、まるでお守りのようにすがりたい気持ちだったと思います。

ヨガの先生を通じて偶然知ったアドラー心理学なのですが、自分自身と向き合うにはこれだっ、と感じて、
本を読むと安心したり、それを自分に置き換えてみたりしていた、と記憶しております。

そして、ラッキーなことに仙台でセミナーをひらいていらっしゃる高橋先生を知り、
思い切って申し込みをしたわけなのですが、先生が先月おっしゃっていらしたように、
多分沢山の講師のかたがいらっしゃると思いますが、高橋先生のセミナーは、とても入りやすく温かくて、
グループワークが苦手な私でもどうどうと発言できる、ウエルカムな雰囲気の場所でした。

スマイル以降、あらゆる場面でアドラーを実行してみて、私のまわりの環境はかわりました。
周囲のメンバーは全くかわらないのに、不思議なことなのですが、お互いに信頼していることが感じられる、という環境にかわりました。


先日は、娘から「自分が親の立場だったら、って考えてみたんだ」と言われて、
今までは自分自身のことで精一杯だった娘の口から、そんな言葉が出てきて、「とても嬉しい」と伝えると、可愛い絵文字で返信が来たり。

また、娘が祖母に「体に気を付けてね」などと言ったり。私の母も、驚いていました。

息子もついに部屋の片づけを実行!
私が先回りしないことを学んだ事、子供に対して大事な友人という気持ちで接することができるようになったことで、
以前は嫌だったことが楽しくなったり、不愉快に感じていたことが大したことではなくなったり、楽になりました。

これからも「何かの時は高橋先生が助けて下さる」と思っております。
(仙台市・歯科医 Aさん)
****************************************

SMILEを学ばれた後コツコツとアドラー心理学を日常生活で実践されてきたAさん。
このブログを読んでくださっている方もきっとアドラー心理学を学ぶことで自分の周りが変わったと感じていかれることと思います。

SMILEはアドラー心理学の実践方法がこれ一つでわかるプログラムです。
アドラー東北では、仙台・盛岡・郡山で8月から開催予定です。
詳細はアドラー東北の公式サイトでご覧の上、この機会をお見逃しなくお申込みくださいね。

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする