2015年09月25日

ありのままを認める

こんにちは。仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。


さて昨日の続きです。


「場面寡黙」に限らず、ありのままを認めてもらったこと

経験がありますか?


「できている・できていない」

「正しい・間違っている」

「良い・悪い」


評価をしていませんか?


また

「この子の問題行動を解決してやろう」


そんなことを思っていませんか?


それらはすべてそう思う人の課題であり、子ども本人の課題ではありません。


そして残念なことに、そういう相手の思いは子どもにすぐにバレてしまいます。


それらの純粋に自分のことを認めてもらっていないという気持ちは子どもの気持ちをさらにかたくなにするでしょう。


子どもに限ったことではありません。

大人同士でっもそれはあります。


相手のなんらかの意図を感じた時、また自分が望んでいないのに、、と感じると人は心を閉ざしてしまうのです。


人と共感的に関わることは、とても難しく感じている方もおられるようですが


「ありのままを認める」−黙って受容する。

ただそれだけのことなのです。


アドラー心理学を学ぶならアドラー東北

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 17:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

物を言わない子供

こんにちは。仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。


最近勉強会で相談が出た「場面寡黙」


家では普通に親と過ごしているのに、学校に来ると黙ったまま一言も話さない。


場面寡黙という方法を使う子供の目的は何でしょう。


「黙って居たほうが安全だ」と思っている。

「先生は信用できない。わたしを傷つける。復讐したい」かもしれません。

(目的論)


いずれにしても「話さないと決めている。」(自己決定性)


などアドラー心理学の目的論・自己決定性から考えると様々なポイントが浮かんできます。


ご相談者は、その子が登校してきたときに対応を任されている養護教員の方。


さてこの方は悩んでおられます。

いきなり場面寡黙の子を預けられたということもあり、上に対する不信感も相当なもの。


「面倒だ」という気持ちもお持ちのようです。


どうしてそう思うのかというと、自分では対応できない、お手上げだと感じているから。


あれ?そうすると「無気力、無能力だから期待しないで」をその子は狙っているのかしら?(笑)


相手役がどう感じるか・・・で相手の目的がわかってしまうのもアドラー心理学的にはポイントとしてあげることができます。


ってことは、、その先生は相手の目的を達成させてしまっていますね。

まずは「期待しないでってことかな?」と相手に確かめるところから始めないと。。


次回はこの先生が何ができるかについて書いていきます。


子どもの不適切な行動を適切な行動に変えるためにできることを配信中・アドラー東北

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp
posted by 高橋直子 at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

不登校への対応

こんにちは、仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。


最近本当に多くなってきたのが、不登校のお子さんを抱えた親御さんの参加です。


勉強会やSMILE等でそれとなくわかるのですが、自分に何ができるのか?できることがあるのか?をお考えになっての参加で、それはそれで建設的であると考えます。


実際のところ課題の分離に従えば、不登校はお子さんの課題です。

そして勇気をくじかれて学生にとっての仕事のタスクである学業に取り組めない状況になっています。


目的は様々あるでしょう。

原因探しは、説明にはなっても解決にはなりませんので、アドラー心理学では不登校によって得ている目的(狙い・メリット)を探っていきます。


「安全。安心を求めて」かもしれません。

「親や教師を困らせてやろう」と思ってのことかもしれません。

「嫌いな先生やクラスメイトと関わりたくない」のかもしれません。


それらの目的を不登校という方法ではなく別の方法で達成できるように、または目的そのものが不適切な場合には、その目的自体に介入することも必要になって来るでしょう。


いずれにしても「勇気をくじかれて」の結果ですので、「勇気づけ」していくことで改善を図っていくことは言うまでもありません。


アドラー東北

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。