2015年09月01日

セミナーでの気づき

こんにちは。仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。



8月のセミナーで気づいたこと。



自分が他者に対して何者か、、、であることをやめたとき...
アドラー心理学は心に響いてい来るというか。。



素の自分になれた時、文字からは得られない気づきを得られる。



勉強会にしてもセミナーにしてもそういう場なんだと私は思っていて一回目で何者かをやめてしまう人もいれば何回か通ううちに薄皮をはがすように衣を脱ぐ人も。。脱がない人も。。(笑)



オールYou Are OK。なんですが、脱いだ方が断然楽になるんですよね。


私はこのことに気が付くのにとても時間がかかりました。脱ぐのもとても時間がかかった。
自分にはそれだけの時間が必要だったんだなと、思います。

だから人それぞれ必要な時間があるんだとは思います。



長く通ってきている人たちがみなリラックスして実に自然体であることに気が付いておられた方はいらっしゃるかなあ??(はじめてご参加の方はそんな余裕はないかもしれないけれど。。)



力が抜けた素の自分・ありのままの自分であることの心地よさ、そんなことを感じた時には自分の衣が脱げているのかもしれませんね。(^-^)



アドラー心理学セミナーはアドラー東北で

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp


posted by 高橋直子 at 16:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする