2015年09月08日

子どものころの記憶でライフスタイルがわかる。

こんにちは。仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。



今日は「子どものころの記憶で今のライフスタイルがわかる」というお話です。

(ライフスタイルはほかの心理学でいうところの性格みたいなものと考えていただければいいかと思います。)



アドラー心理学特有の分析法です。



どうしてそういえるかというと

「10歳ぐらいまでのたくさんの記憶の中から自分がわざわざ選んだ」ことに意味があり、その記憶を選んだのは今のライフスタイルを反映しているからだと考えるのです。



それらの記憶の中には、自分を取り巻く人や世界をどう思っているのか(世界観)、自分はどうあるべきか(自己理想)、自分は〜である(自己概念)といった具合です。



そしてその人特有の人生の目標もわかります。

「優越でありたい」「完璧でありたい」など人生を通してその人の行動が向かっている究極の目標も現れます。



アドラー東北では、セミナー受講生への特典として早期回想の分析を行わせていただくことがあります。



2〜3の記憶をお話していただくと共通のパターンが出てくることが多いものです。

「なぜそうなるのか自分ではわからないんだけど、なんだかそうなっちゃう。。」という自分の木になる傾向の疑問が解けて皆さんびっくりされます。



セミナーではそういうちょっと寄り道をしたりしてアドラー心理学の楽しさを味わっていただくこともあります。



早期回想についてもHPに乗せているのでご興味のある方は見てくださいね。

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 16:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする