2015年09月10日

You are OK を増やしていく

今日は「You are OK.」のお話を。。
勇気づけが身についてくると自然と「You are OK.」が多くなっていきます。
他者や出来事について「寛容」になっていく。



最初はほとんどの場合「I am not OK & You are not OK」なんですが
「I am OK」になった後でも「You are not OK」がなかなか減らない。
どうしてもダメ出しのほうが多い。


「批判」「説得」「口出し手出し」「教えてあげます」につながる。
これらが相手の自立を妨げ相手との距離を広げてしまう。



そんなときどうするか?
「自分の不完全さを思い出すこと」で「You are OK.」が増えていく。



「自分だって最初からできていたわけじゃない」
「今だって完璧にできているわけじゃない」
「自分だってそういうことをしてきた」 などですね。



そうすると「 You are not OK」の気持ちが萎えていくことが多いです。
それに伴って「批判」「説得」「口出し手出し」「教えてあげます」の頻度が減っていく。



次の段階として相手との意識のギャップが理解できるようになるとますます「 You are not OK」が減っていき、結果として「You are OK.」が増えていく。



このギャップは親が良かれと思っていったことを子どもが批判と捉えてしまう事が大人同士でもあるということです。



すなわち
「私は正しい」は、相手にとっては「あなたは間違っている」と聞こえること。
「ダメ出し」は、相手にとっては「私は完全よ、でもあなたは。。」に聞こえること。



どうでしょう?ここまで来るとほとんど「You are OK」にならざる得なくなりそうです。(^−^)



アドラー東北

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 16:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする