2015年09月11日

同じ事態に直面しても。。

台風から変わったダブルの低気圧による被害が広がっています。

東北でも多くの地域が浸水しました。



被害にあわれた皆様には、心からお見舞いを申し上げます。



さて同じ事態に直面しても人のとる行動はそれぞれ違います。



警報が出るとすぐに避難行動を起こす人、またまだ大丈夫だろうとのんびりしている人。



足首ぐらいの浸水でも平気で歩き回る人、家の2階でじっとしている人。



早目に避難所に行き雨のおさまるのを待っている人もいれば、逃げられなくなってヘリで救出される人。



災害でも直面した事態への対応は人ぞれぞれです。



どうしてこういうことになるかというと、人はそれぞれの心のメガネで起こった事態を見るからです。



これをアドラー心理学では認知論と言います。



同じ現実に直面しても、それをどうとらえるかどう解釈するか、どう行動するかは違うのです。



人間関係でも同じことが言えます。



ある人が何気に「気分悪っつ!!」と言ったとします。



「何かあったのね〜。」と思う人もいれば「えっつ?それって私の事?」と思う人もいるのです。



実際どうなのかは言ったご本人に確かめるしかないのですが、前者と後者では取った側の心持が全然ちがうことは明らかでしょう。



人と自分が違うのが当たり前だと知っていると、自分の意見に同意してもらえなくても、仕方がないと思ったり、腹が立たなかったりと、メリットはたくさんあります。



皆さんは災害に直面して警報が出たらどういう行動を取りますか?



アドラー心理学の講座はアドラー東北で学ぶことができます。

ご案内はこちらから

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 15:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。