2015年09月20日

勇気づけは連鎖する

こんにちは。仙台&盛岡&郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。

昨日は盛岡でアドラー心理学勉強会と基礎講座、そしてSMILEの第2回を開催していました。



皆さん勉強会では話したいことをとことん話すのですっきりなさるようです。

そして基礎講座は目的論と自己決定性を取り上げ、劣等感についてお伝えしました。



SMILEはアドラー心理学のコアを成す勇気づけと課題の分離についてです。



「誰の課題か?」は理解できてもそのあとどうするか、ということで「共同の課題にする」手続きが出てきます。

この運用が自己流だと上手くいきません。

きっちりテキストに書いてありますので、最後にまとめてご理解いただけたと思います。



これができるようになると抱え込みが減りますので、とても楽になる方が多いです。



本来自分が責任を感じる必要のないものに責任を感じたり、自分を責めたりしなくていいんだということは対人関係で苦しんでおられる方には目からうろこです。



また自分の課題でないものをたくさん抱えていてそれを解決しようとしていたことに気が付くと、肩の重さが途端に軽くなったりもします。



何よりもこういう機会を持てて私自身が皆さんから勇気をいただくので、さらに勇気のタンクが満たされて先へ進んでいこうという気持ちになります。

ありがたいことです。

アドラー心理学を伝えていく幸せを感じながらそれを仕事としてできるなんて。。。うれしいといつも感じています。。。



アドラー東北

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp


posted by 高橋直子 at 17:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする