2015年09月22日

不登校への対応

こんにちは、仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。


最近本当に多くなってきたのが、不登校のお子さんを抱えた親御さんの参加です。


勉強会やSMILE等でそれとなくわかるのですが、自分に何ができるのか?できることがあるのか?をお考えになっての参加で、それはそれで建設的であると考えます。


実際のところ課題の分離に従えば、不登校はお子さんの課題です。

そして勇気をくじかれて学生にとっての仕事のタスクである学業に取り組めない状況になっています。


目的は様々あるでしょう。

原因探しは、説明にはなっても解決にはなりませんので、アドラー心理学では不登校によって得ている目的(狙い・メリット)を探っていきます。


「安全。安心を求めて」かもしれません。

「親や教師を困らせてやろう」と思ってのことかもしれません。

「嫌いな先生やクラスメイトと関わりたくない」のかもしれません。


それらの目的を不登校という方法ではなく別の方法で達成できるように、または目的そのものが不適切な場合には、その目的自体に介入することも必要になって来るでしょう。


いずれにしても「勇気をくじかれて」の結果ですので、「勇気づけ」していくことで改善を図っていくことは言うまでもありません。


アドラー東北

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。