2015年11月12日

公平とか仲良くとか・・。

こんにちは。仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。


以前地区の集まりで顔を真っ赤にして怒っている人がいました。


理由は「役員をやった人とやらない人がいるのは不公平だ。」ということです。


その様子を見ていて思ったのは・・


「公平に・・・・。」を大事にする家庭に育ったんだろうな、ということと、特にその役員をやっていない人に対して何かしらの特別な思いというか不満を感じている可能性もあるなということ。


あんなに怒るなんてその人と何かあったのかもしれないし。。


年下に厳しいとかね。。


若い人たちに対してどうしても自分たちがちゃんとやったんだからあなたたちもやりなさいという雰囲気が強くて。。


その気持ちはよくわかるのですが、それで自分たちも辛かったはず。。


「これからこの地域に住んで良かった、住みやすい、と若い人たちに思ってもらえるようにしていこうよ。」


と言い続けて早や8年。


公平騒動は「大丈夫、そのうち回るからそんなに怒んなくてもいいんだよ。」という一言で収まりましたが、さてさて。。


「みんな公平に・・・。」本当にこれはあるんでしょうか?


学校や家庭では割と大事な価値観として伝えることも多いかもしれませんが、アドラー心理学の対人関係論で行くと、人それぞれに対応が違うのは当たり前のこと。


世の中不公平とか、えこひいきとか当たり前にあります。


このブログを読んでいる方の中でも、好きな人嫌いな人がいると思うのです。


嫌いな人とは距離を置きたい、好きな人には良くしてやりたい。

それは自然な感情だと思うのです。


もちろんあからさまに公の場で不公平を公然とやるのはどうかと思うけれど、実際人対人なんだから

そういう気持ちがどこかにあっても不思議はないと思いませんか?


あの顔を真っ赤にして怒っていた彼女は、ご近所の仲良しさんがその相手役の立場だったとしたらあそこまで怒るだろうか?ということについては疑問を持たざるを得ません。


「みんな仲良く」−嫌いがあってもいいじゃない。

「みんな公平に」−配慮があれば多少の不公平はあってもいいじゃない。


ちょっと持っている価値観を他者に向ける時に緩めてみる、そんなことで気持ちが軽くなるかもしれませんね。


アドラー心理学を学ぶならアドラー東北へ

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp
posted by 高橋直子 at 16:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする