2015年11月19日

放っておいて・・。

こんにちは。仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。



自分の事で精一杯だった父と母。



兄弟の中で一番上だった私は自然と家の中のことを母の代わりにやることになりました。



自分の事も精いっぱいだったのですが、時間が来たらご飯を食べさせなきゃ、洗濯物を取り込まなきゃ。



お弁当・・作らなきゃ。。と今考えてもどうやって時間をやりくりしていたのかわからないほどでした。



習い事も多かったし、学校の生徒会などの活動もあったので、ほとんど自分の時間がなく、毎日行きつく暇がなかったように記憶しています。



そんな私がもうすべてが嫌になったと感じたのは中学三年のころです。



生徒会もお役御免になり、いざ受験となってしまった時、何もしていない自分に気が付きました。

そこそこ成績もよかったので、それをいいことにわからないことを放置していた結果が中学三年の後半に来ました。



中三の夏休みは部活二つのかけもちと、一か月不在の母に代わっての家事と、習い事が続き、秋にはとうとう脱力感に襲われるようになり、時間があればほーっと自分の部屋で何をするともなく過ごすことが多くなっていました。



で、成績の伸びない・できていないことを叱責され、自分の中で何かがぷつんと切れました。



もういいや・・・と。。



そのころからなんとなく「放っておいて。。」という言葉が多くなったかなと思います。

もちろん人に対してはっきりとは口に出さないのですが、一人で部屋に籠って「放っておいて」と

何度もつぶやいていた記憶はあります。



それはアドラー心理学を学び始めてもしばらくはありました。

人と関わることが疲れるし、面倒だし、うるさく感じて一人になりたくなるのです。



ですので、対人関係においてかなり自己中心的に人と関わっていたと思います。

自分が付き合いたいときには付き合ってほしい、でも嫌な時は放っておいてほしい。



とても都合のいい関係を相手に望んでいたのでしょう。



最近は一人の時間を大事にするのも自分らしさ、でも人ともちゃんとお付き合いできるし、相手も気持ちも察することができるし、理解できるし、楽しく過ごせる。



それでいいんだなと思っています。



自分の心地よさは一人一人違います。

自分に無理がないことは大事なポイントのように感じています。



そんな自分らしさを発見できるのも、アドラー心理学のすごさというか、、

ありのままの自分を認めることができるのです。



アドラー心理学はアドラー東北で毎月学ぶことができます。

自分らしさ再発見してみませんか?



http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。