2015年03月31日

ありのまま・・って?

「ありのまま。」
アドラー心理学を学んでいると出てくる言葉です。

ありのままでいい?
欠点はそのままでいいの?直さなくていいの?
と思われる方も多いようです。

「はい、そのままで視点(見る角度や方向)を変えましょう。」とお伝えします。

私たちは欠点や短所は直すものとして捉えていますが、ありのままを認めるアドラー心理学では別の方法を提案します。

「なかなか決断ができない方」

「うちの子ったら一緒に食事に行っても何を食べるかさっぱり決められないのよ。。時間ばかりかかって困るのよね〜。」

これを長所として見てみます。

決断を急がないー「慎重である」と言えませんか?

「慎重である」ことは悪いことでしょうか?

要は一つの特性には二つの顔があり、視点を変えると長所の顔・短所の顔があるということです。

短所の顔を見るか長所の顔を見るかは自分や相手が決めていると思うのですが、今のあなたはどっち?

そして
自分の一つの特性のどちらの顔をあなたはこれから見たいでしょうか?

そんなことが学べるのが第3回のELMです。自分が嫌だと思っていた他者の側面・自分の側面が見事にひっくり返ります。

大どんでんがえし〜〜。(笑)

4月のELMは、仙台あと一名さまで締め切ります。(盛岡はキャンセル待ちのままです。)
5月のリーダー養成講座は両会場合わせて15名のご参加になりました。仙台のみあと1名さま受け付けます。

お申し込みはHPからお願いいたします。
http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする