2015年10月26日

友とは?親友とは?

こんにちは。仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。

昨日は仙台で10月最後の講座を開催しました。体調の悪い中、また遠くからご参加くださった方もおられいつものことですが、ご参加の皆様の熱意の高さを感じた一日でした。
ご来場いただいてありがとうございました。

 さて今日のお題は「友とは?」「仲間とは?」というお題です。
SMILEでは、親子を横の関係として友であり仲間であるというスタンスを目指すことを勧めています。

ちょうど第三回の基礎講座では認知論を取り上げましたので、ひとぞれぞれ私的論理(すなわち起こった出来事・事柄・言葉に対する意味づけ・かけているメガネ)が違うということを学びました。

認知論に基づいて考えれば当然、「友」や「仲間」という言葉に対しての意味づけも違うのでは?と思いましたので、勉強会で皆さんのご意見をうかがってみました。

あなたにとっての「親友とは?」という問いかけです。

皆さんは友である、親友である、仲間であるといった場合にはどういう定義をなさるでしょうか?

今回アドラー心理学でいうところのコモンセンス(共通感覚・自分と他者にとって健全で建設的・現実的な考え方―であること・ワークブックをお持ちの方はP79参照)に沿った言葉が皆さんから出ました。

私的論理は、このコモンセンスに近づけるのがいいとアドラー心理学では言われています。

親友とは、何でも言える、気を使わなくて済む、会っていない期間があってもあえばすぐに話しが弾む、嫌なことも言ってくれてそれを素直に聞くことができる、などです。

中には「普段忘れている人」という発想もあり、参加者の皆さんと思わず「なるほど・・・。」とうなってしまいました。

ついでにそれでは自分とその方との距離感についてはどうですか?とうかがったところ、必ずしも密着度が高いわけではなく、また近すぎるということはないようです。
「あんまり近くないかも・・。」という声も出ました。

他者との心地よい距離感と言うのは、これも人それぞれ違うのですね。
ですからある人によって心地よい距離感であっても他者にとっては居心地が悪いということも起こり得るのです。

 誰とでもうまくやることは必要ないと思いますし、不可能なのですが、相手の心地よい距離感を感じとる力と言うのは実は「共感力」につながるのでは?と感じています。

 相手の心地よさを理解し、相手が不愉快に感じない距離を取ることができる人。人間関係上手な人はきっとそれができているのかもしれません。

相手が自分に合わせることを期待するのではなく、相手に合せて自分の対応を変えることのできる勇気がある人とも言えるでしょう。

そう考えると、親友とはきっとお互いの居心地の良い距離感がぴったりマッチする人と言えるのかもしれませんね。

<行事案内>次回の仙台のご案内

11月29日(日)午前9時〜勉強会、10時半〜基礎講座、午後はSMILE最終回
PARM-CITY131 ANNEX5D(別館になります。)
「ちょっと早めの忘年会・仙台」−集合3時50分アエル一階ロビーに集合 4時から駅前で2時間ぐらいを予定しています。忘年会のみ参加も可能です。

配信先―アドラー東北
http://adora-tohoku.sakura.ne.jp
posted by 高橋直子 at 16:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする