2015年12月15日

不思議なことに・・。

おはようございます。仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。



アドラー心理学を学んでいくと、ライフスタイル(すなわち他の心理学でいうところの性格)が変わっていきます。



以前の私は長上者が苦手でした。

自分の身近な年上とか立場が上の男性・女性ともに駄目でした。



これは早期回想という分析法でわかったことです。

身近な長上者の男性は父に代表されます。

身近な長上者の女性は母に代表されます。



しかしながらライフスタイルが変わってきてからは、自分のピンチ・がけっぷちの時でも、また失敗してひどい状態の時でも、どんなときにも信頼し認めてくれた人は、身近な年上の女性であったことに最近気が付きました。



たぶん・・・ライフスタイルが変わっていかなかったらそのことに気が付かなかったでしょう。

わかるようになったのです。



もちろんいまだにダメ・・な時、人もありますが。それでもゼロだったのがプラスになったのですから自分にとってはすごい進歩です。



このことに気が付いてからは、苦手感はだいぶなくなりました。

それこそ人によるな・・・という感じです。



セミナーや勉強会にいらした方に早期回想をうかがうこともあるのですが、自分の職場の周りが全部嫌い・・とか、男性ダメとか離婚しましたとかおっしゃる方のお話をうかがうと「これじゃうまくいかないわね〜」というような記憶が出てきたりします。



「なぜだかわからないけどうまくいかない」がある方はぜひ一度お話をうかがわせてください。

あなたのネックになっている行動パターンや思考がわかるかと思います。



ご相談はアドラー東北へ

http://adora-tohoku.sakura.ne.jp
posted by 高橋直子 at 05:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする