2016年02月12日

子どもの教育と対人支援に関わる人のためのアドラー心理学講座第一回

昨日11日に郡山で子供の教育と対人支援に関わる人のためのアドラー心理学講座第一回を開催しました。

昨年から郡山会場に足を運んでくださっている4名の方に6名の新規受講の方を加えて10名で学びを深めました。

まったく初めてという方、本だけは読んでいるという方がほとんどでしたので、最初にアドラー心理学の全体像を説明させていただきました。

その後5つの方法論の中の認知論についてワークと気づきのシェアを中心に講座を進め、最後には聴き方の工夫として「できるだけ自分が喋らずに相手に話してもらうにはどうするか?」について実践していただきました。

「自分の言葉を待ってもらっている感じがしてよかった。」「自分がこんなに話すのを我慢するのがつらいとは思わなかった。」など様々なご感想があり興味深かったです。

現在二回目の日程を調整しておりますが、「目的論」を中心に進めたいと思っております。
決まりましたらサイトやメルマガで告知しますのでどうぞお見逃しなくご参加ください。
単発でも受講OKです。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
12744466_1004298762978268_10362893643005104_n.jpg

アドラー東北
http://adora-tohoku.sakura.ne.jp



posted by 高橋直子 at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

子どもを褒められたら「ありがとう❤」って言ってみよう。

こんにちは。アドラー東北の高橋です。
今日は節分。明日にはこよみの上では立春です。

今日も雪が降っていますが、確実に春は近づいていますね。

先日こんな記事を見つけたので投稿します。

文部科学省の「高校生の心と体の健康に関する調査」で、自分自身について「私は価値があるか?」という問いにあると答えた高校生の%が載っていました。

アメリカは89.1%・中国87.7%・韓国75.1%・日本36.1% だそうです。

日本の子供はこんなに自己肯定感が低いのです。

日本には謙遜の文化がありますから、自分を低めて相手を高めるのは日常ではよくあること。

うかがったお宅への手土産に「これ、つまらないものですけど。」と手渡して、相手が「まあこんな高価なものを。ありがとうございます。」という具合になる。

普段はこんな高価なものは買いませんが、あなたを訪問するので。。という意味になるかと思います。

誰も「つまらないものをよこして。」とか言わないですよね。
&「つまらなものだなんて、0和の羊羹や0半の佃煮に失礼じゃないか。」
とも言わないです。(^−^)

でも自分の子供についてはそろそろ謙遜はやめてもいいのでは?と思うのです。

「お宅のお子さんは素晴らしいわね。」と言われて大概「いえいえうちの子はそんなたいしたあれじゃありません。」なんていうのはよく聴きます。

これ自分が言われたと考えてください。

一生懸命頑張って何か結果を残して、それを親の前で他の人に褒められた。

それに対して親が「いえいえうちの子はたいしたものじゃないです。」と、いかに謙遜とはいえ言われたほうはいい気分がしません。

「お母さんが努力したわけでもないのに。。」と子どもは思います。

自分と子供を一緒くたにするのは、勇気づけの視点からもあまり良いことじゃありません。
自己肯定感を低める結果はこんなところにも出ているような気がします。

最近思うんですけど、何か事件があって亡くなった方があると、親や身近な方がなくなった方をとても褒めておられる。
国民栄誉賞もなくなってからいただいたりしてね。

生きている間に言われたり、もらったりしたら本人どれだけうれしかったろうかと思うんです。

もちろんこのメルマガを読んでいらっしゃる皆さんは「褒める」と「勇気づける」の違いをご存知でしょうから、評価でもなく上から目線でもなく、相手が誰でも
「勇気づけの対応」ができれば一番いいのですけれど。

もしも今度どなたかに自分のお子さんを褒められる機会がありましたら、こんな風におっしゃってみてください。

「ありがとうございます。自分のことのようにうれしいです。」

いきなり
「そうなんです。うちの子は素晴らしいんです」とは言えなくても上記のような表現をすることで間接的にお子さんを勇気づけることができると思います。

考えてみると一度も親から褒められたことがない私ですが、アドラーに出合って「謙遜」とは無縁になりまして(笑)、あくまで自分が基準でよくやったのか、やらなかったのか・・で自分を褒めたり叱咤したりしています。

今回もお読みいただきありがとうございます。

受付中のセミナー&勉強会は各会場のページをご覧ください。

アドラー東北
http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

不登校へのエール・10日間無料レポート配信始めました。
ご購読希望の方は下記をクリックしてくださいね。

不登校へのエール
posted by 高橋直子 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

100分de名著に「アドラー心理学」

こんにちは。アドラー東北の高橋です。
一月もあっという間に過ぎていきます。もう明日は来月ですね。

2016年のスタート、皆さんはどんな月でしたか?

2月11日(木・祝日)には今年最初の郡山セミナーを行います。
定員10名で募集したのですが、人数オーバーになりましたので会場を一回り大きな所に変えて15名さままで受け付けています。

さて100分de名著にいよいよアドラー心理学が取り上げられることになりました。
4回シリーズだそうです。

担当は「嫌われる勇気」の著者である岸見一郎先生。
取り上げるのはアドラー自身の著書である「人生の意味の心理学」

原書は無理でもこの番組のテキストで、しかも岸見先生の解説だったら・・きっとますますアドラー心理学に見せられる人が増えるに違いありません。

多くの皆様にアドラー心理学を知っていただくきっかけになればいいなと思っています。
楽しみです。

51XU4nDBGlL__SX348_BO1,204,203,200_.jpg
posted by 高橋直子 at 15:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

北海道から郡山へ??びっくりポン(@@)

こんにちは、郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。

今年の郡山会場の一回目は「子どもや対人支援に関わる人のためのアドラー心理学」を2月11日に開催します。木曜日・祝日です。

教育関係者が多いので、郡山会場は行事の多い土日をさけて祝日開催が今年も多くなりそうです。
定員10名で募集したのがすでにうまってしまったので5名の定員増で受付しています。
会場はセルフミーティングルーム虎丸で、会議室AからBへ変更となりました。

昨年初めて郡山で開催した時にはわずか2〜3名からのスタートでしたが、回を重ねるごとにぽつぽつと増えて今回10名を超える参加をいただけることはとっても嬉しいことです。

そんなお申し込みをしてくださった方の中に、北海道からのご参加もあります。

どうして?なぜ北海道から?しかも郡山??と思い、札幌の会場も友人がやっているのでご紹介しますと連絡したのですが、こちらにいらっしゃるといいます。

&2月から仙台では勇気づける人になる12のステップコースELMも始まるのですが、そちらも3回連続で通って受講希望とお申し込みをいただきました。

北海道新幹線が開業すれば確かに札幌に行くよりは近いかもしれません。

それでも久々に遠くからの、本当に遠くからのご参加にびっくりポン(@@)
ますます楽しみの郡山会場はあと5名さまですが受付しています。

さまざまな気づきや楽しいワークやわかり易い理論で、どう他者と関わっていくのかを中心に実践的に進めていきます。

posted by 高橋直子 at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

SMILE前半終了(^−^)

こんばんは、仙台・盛岡・郡山でアドラー心理学のセミナーを開催しているアドラー東北の高橋です。



昨日は無事に年内最終のセミナー、SMILE前半4章を終了しました。
次の1月末まで一息入れつつ準備をしていきます。



昨日のSMILEは涙と笑いで皆さんぐちゃぐちゃに・・。(笑)
「大人の顔」を脱ぎ捨てて「子供のように」か・・。



価値観が揺さぶられるのでどうしてもそういう事態になって来るのですが、長くいらしている方ほどそういう方たちをだまって暖かい眼差しで見守る。



そういう光景が繰り広げられつつ学ぶのがSMILEと言えるかもしれません。



揺さぶられるのが怖くて足を運ぶのをやめるのも本人の選択。



「自分を変える勇気」を持てる人だけが変わっていくのです。
いくつになっても「勇気」さえ持てれば変わって行けるしそういう方のために私の仕事がある。



でも自分の価値観やら信念が変わったところでその人が実際別人になるかというとそうではありません。

またその人自身の価値がなくなるわけでもありません。



その人が良さがよりよく活かせるようになる、気が付いていなかった自分の能力に気がついたりするだけであり、怖れる必要はないのだけれど、今の自分に固執している限り一歩は踏み出せないし何も変わらず同じ結果を受け取り続けるだけ。



でもそれもご本人の決めること。
私は淡々と自分にできることをし続けるだけです。



最短でアドラー心理学セミナー講師の資格が取れるELM&リーダー養成講座受付しています。

2月〜5月のコースです。詳細はHPをご覧くださいね。


http://adora-tohoku.sakura.ne.jp

posted by 高橋直子 at 17:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする